包皮の剥き癖のつけ方は?包茎の解決法を考える(*^_^*)

MENU

包皮の剥き癖のつけ方は?包茎の解決法を考える(*^_^*)

包茎を治すための民間療法的な存在として、剥き癖をつけるというものがあります。つけ方について解説しますので、包茎で悩んでいる方は参考にしてください。間違えて覚えて行うのは危険性もあるので、しっかりと知識として頭に入れてから始めることをおすすめします。

 

重度の包茎である真性包茎やカントン包茎には利用できないものになります。真性包茎やカントン包茎の方は、迷わず包茎手術を受けてください泌尿器科であれば保険適用にもなるので、比較的安価に包茎を治すことができますよ。

 

■自分で剥き癖をつける方法

 

・1日に何度も皮をむく

 

お風呂に入る時は当たり前ですが、そもそも亀頭を露出させるということが重要です。ペニスは、乾燥することで健康状態を維持しているわけです。包茎状態では乾燥しませんので、雑菌などが繁殖してしまい、マイナス効果を生んでしまいます。

 

特に寝る時に剥いてから寝るようにしてください。そのままの状態で朝まで過ごせれば、かなり向き癖は付いてきたと考えられます。

 

・ブリーフにすること

 

パンツの選び方も重要です。トランクスを履いている方も多いですが、せっかく向き癖をつけてもトランクスの場合はすぐに元に戻ってしまいます。一方で、ブリーフについてはペニスを固定化することができます。皮がむけた状態のままになりやすいので、剥き癖をつけたい方にはなくてはならないアイテムだと思ってくださいね。

 

・自慰も剥いた状態で行う

 

包茎の方は自慰を包茎状態のままで行う方が非常に多いです。剥けた状態で必ずオナニーをしましょう。剥いた状態で行えば、皮が伸びるリスクを避けることもできます。

 

えっ!まだ一皮むけてないの?



 


私はコレで包茎やめました(^^)/


同じ悩みを抱えている同志の参考になれば幸いです。



▼クリックして体験談を読む▼