手術の傷跡は残らない?気になる包茎手術の方法を調べてみた

MENU

手術の傷跡は残らない?気になる包茎手術の方法を調べてみた

包茎手術を受けたいけど、受けるのをためらっている男性は非常に多いです。その理由の一つとして考えられるのが、手術を受けた後の問題があります。

 

傷跡が残ってしまうと、包茎手術を受けたのが分かってしまいますのでペニスのコンプレックスが継続し、施術を受けた意味さえなくなってしまう可能性もあります。

 

ただ、格段に手術の技術力は向上しています。傷跡が残らないようなタイプの包茎手術も生まれていますので、傷跡が心配な方も安心してほしいと思います。

 

傷跡が残りにくい手術法について以下に紹介しますね。

 

■切らない手術法について

 

・皮のあまりが少ない方用

 

皮がたくさんあまっている方には向かない方法になります。手術法としては、亀頭にヒアルロン酸を収入して、大きくするものがあります。亀頭のサイズが大きくなることで、自然に皮がむけた状態になります。

 

もう一つの方法に、亀頭の皮に折り目をつけて戻りにくくする方法があります。二重のアイプチと同じような考え方になります。接着剤を使うケースもあります。

 

いずれの方法も長期的な効果はありませんので、一定期間ごとに再度の施術が必要です。

 

■亀頭直下埋没法について

 

・傷跡が亀頭の下に

 

縫合位置が亀頭の直下になるので見えにくい位置になります。傷跡が格段に見えにくくなりますので、確実な手術で傷跡を残りにくくしたいという場合には選択してください。

 

ただ、クリニックによっては費用が高い事もあるので注意が必要ですよ。

 

えっ!まだ一皮むけてないの?



 


私はコレで包茎やめました(^^)/


同じ悩みを抱えている同志の参考になれば幸いです。



▼クリックして体験談を読む▼